理学療法士がまとめたノート

統計学備忘録 since2016

Rを使って統計学を勉強するブログです

ベクトルとデータフレームの関係

更新日2017.6.26
ここのページは、ちょこちょこ更新する予定

物忘れが激しいので何でも書いときます
ブログ名通りの使い方です

ベクトルをフレームにしたら列になる!
data.frame (列名1 = ベクトル1, 列名2 = ベクトル2, ... )

まずはここを忘れないように…


A<-c(10,6,10,9,10)
B<-c(10,5,5,12,4)
C<-c(5,4,11,4,6)
D<-c(9,5,2,3,1)
xx<-data.frame(A,B,C,D)

見慣れているデータフレームで確認してみます
xx<-data.frame(A,B,C,D)

f:id:yoshida931:20170626144828p:plain
                                              ( 画面はRstudio )

行ラベルを変更
rownames(xx)<-paste0("P", 1:5)     # 列ラベル変更colnames()

f:id:yoshida931:20170626145118p:plain


全て水準と要素をデータフレームに取り込みます

x<-c(A,B,C,D)
pat <- paste0("P", 1:5)
treat <- gl(4,5,labels = LETTERS[1:4])      #4つのラベルを5回繰り返し
xy <- data.frame(treat, pat, dat=x)

   

   f:id:yoshida931:20170626145636p:plain


r-de-r様よりいただきましたコメントをもとに修正しました
かなりスッキリしました!