理学療法士がまとめたノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統計学備忘録 since2016

Rを使用した統計学

二項分布のグラフ

村上 正康,安田 正実; 統計学演習, 培風館,1989,p51のグラフをRで作ってみます
B(10,0.2),B(10,0.5),B(10,0.8)を重ねたグラフです
赤文字のみRで実行してください

 (foo.bar@baz.com様よりコメントいただき修正しております。簡単で理解しやすい方法です。)

t0.2 <- 0:6
P0.2 <- dbinom(t0.2, 10, 0.2)
t0.5 <- 1:9
P0.5 <- dbinom(t0.5, 10, 0.5)
t0.8 <- 4:10
P0.8 <- dbinom(t0.8, 10, 0.8)
plot(t0.2, P0.2, type="b", lty=2, xlab="", ylab="", xlim=c(0,10), ylim=c(0,0.4))
lines(t0.5, P0.5, type="b", lty=2)
lines(t0.8, P0.8, type="b", lty=2)

f:id:yoshida931:20170121213325p:plain

 

 

 

途中経過を忘れないために残しておきます

 
n=10 、確率0.2 
t0.2 <- 0:6;p<-0.2;n<-10
y<-factorial(n)*(p^t0.2)*(1-p)^(n-t0.2)
r<-factorial(t0.2)*factorial(n-t0.2)
y/r

n=10、確率0.5
t0.5 <- 1:9;p<-0.5;n<-10 
c<-factorial(n)*(p^t0.5)*(1-p)^(n-t0.5)
d<-factorial(t0.5)*factorial(n-t0.5)

n=10、確率0.8
t0.8 <- 4:10;p<-0.8;n<-10 
e<-factorial(n)*(p^t0.8)*(1-p)^(n-t0.8)
f<-factorial(t0.8)*factorial(n-t0.8)
e/f


p=0.2,0.5,0.8の結果をそれぞれ算出
間違わないように名前付け
P0.2<-(y/r)
P0.5<-(c/d)
P0.8<-(e/f)

par(new=T) でグラフを重ねる

plot(t0.2,P0.2,type="b",lty=2,xlab="",ylab="",xlim=c(0,10),ylim=c(0,0.4))
lines(t0.5,P0.5,type="b",lty=2)
lines(t0.8,P0.8,type="b",lty=2)