理学療法士がまとめたノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統計学備忘録 since2016

理学療法、医療、福祉、小児

Rで簡単(t検定:対応あり)

例えばn=14の前後比較・・・

下のデータをコピーして

 

前 後

90 98

90 95

92 77

91 84

83 75

93 88

89 89

81 88

80 86

77 86

78 79

77 90

76 88

79 99

 

Rに貼り付け

x<-read.table("clipboard",header=T)

 

対応のあるデータなので「差」を検定することになる

差<-c(x$後-x$前)

 

帰無仮説の下で、この差は自由度13のt分布に従うことから

t.test(差)

 

One Sample t-test

data: 差
t = 1.2899, df = 13, p-value = 0.2195
alternative hypothesis: true mean is not equal to 0
95 percent confidence interval:
-2.217176 8.788605
sample estimates:
mean of x
3.285714

 

帰無仮説(差がない)が正しいという仮説のもとでp値は0.2195

「起こりにくい」とは言えないですね!

 

次の式でも同様に求められます

t.test(x$後,x$前,paired=TRUE)

 

99%信頼区間を求めたいなら・・・

conf.level=0.99

t.test(x$後,x$前,paired=TRUE,conf.level=0.99) 

 

> t.test(x$後,x$前,paired=TRUE,conf.level=0.99)

Paired t-test

data: x$後 and x$前
t = 1.2899, df = 13, p-value = 0.2195
alternative hypothesis: true difference in means is not equal to 0
99 percent confidence interval:
-4.387154 10.958582
sample estimates:
mean of the differences
3.285714