理学療法士がまとめたノート

統計学備忘録 since2016

Rを使って統計学を勉強するブログです

t分布

対応のないt検定の検定力分析(事後の分析)

検定力(1-β):帰無仮説が「偽」であるとき(母集団に差があるとき)にサンプルから有意差を得る確率 効果量(effect size):標準化された平均値差(検定により色々あります...d family, r family) 標本数:研究者が決定しなければならない α(有意水準):慣例的…

2標本平均の差の検定

2標本問題のまとめ 以前投稿した記事を全面改修して再投稿です 投稿日2017.9.6 2標本問題(2つの母集団の母数に関する検定) ここでは2標本の平均の差の検定のみを扱います.まずは記号の定義・・・これ大事 母平均μx, 標本x, サイズm, 標本平均xa 母平均μy,…

二元配置分散分析 (2)

二元配置分散分析 (2) 投稿日2017.8.22 分析後の解釈について勉強します 二元配置分散分析(1)より 分散分析表 平方和の分解∑(f)∑(g)∑(n) ( xij - xa )^2 = ∑(f) g*n*( xai, - xa ) ^2 Aの主効果 + ∑(g) f*n*( xa-j - xa ) Bの主効果 + ∑(f)∑(g)n* ( xaij -…

なぜt検定を繰り返してはいけないのか?

なぜt検定を繰り返してはいけないのか投稿日2017.2.24修正日2017.7.9 sample は「石村卓夫;分散分析のはなし,東京図書,1992,p137」 A<-c(12,14,16)B<-c(13,15,17)C<-c(15,17,19)D<-c(17,19,21) x<-c(rep("A",3),rep("B",3),rep("C",3),rep("D",3))y<-c(A,B,…

t分布からの信頼区間

自由度5のt分布より確率点:qt(0.025,5,lower.tail = F)累積分布:pt(2.570582,5,lower.tail = F)確率密度:dt(2.570582,5) 拡張期血圧を6回測定して95%信頼区間を求めるDBP<-c(86,92,88,94,89,88)vDBP<-var(DBP) t値 { mean(DBP)-X } ÷ {sqrt(vDBP/6)} 95%…

1標本t検定のスクリプト

只今練習中~2標本xとyについてsumxy <- function(x,y,sxy) { xs<-summary(x) ys<-summary(y) xt<-t.test(x) yt<-t.test(y) print(xs);print(ys);print(xt);print(yt)}sumxy (x,y,sxy)より x<-c( );y<-c( )にデータを入れると、各標本の要約・t値・p値・95%C…

Rで簡単(t検定の検定力分析)

パッケージpwrを使用しますlibrary(pwr) pwr.t.test(n = , d = , sig.level = , power = , type = c("two.sample", "one.sample", "paired"))n=標本数d=効果量()sig.level=有意水準power=検定力type=t検定の形("two.sample=対応なし", "one.sample=1標本"…

Rで簡単(t検定:対応あり)

例えばn=14の前後比較・・・ 下のデータをコピーして 前 後 90 98 90 95 92 77 91 84 83 75 93 88 89 89 81 88 80 86 77 86 78 79 77 90 76 88 79 99 Rに貼り付け x<-read.table("clipboard",header=T) 対応のあるデータなので「差」を検定することになる …

Rで簡単(t検定:対応なし)

RをPCにインストール https://cran.ism.ac.jp/ 次のような操作を行うだけ簡単にt検定ができますので、是非挑戦してみてください。 難しいことはさておき、とにかくやってみることが大切です R Consoleに直接入力する方法を試しましょう! 例)結果1と結果2…